特別支援資金に申請してみることができます。
どんな事業であれ、最初に創業すれば事業資金が必要です。 創業資金は、事前に準備しておいた資金を使うこともでき、足りない場合は関連機関を通じて融資を受ける方法もあります。 金融機関から受ける貸出の種類は様々です。 政府支援の政策資金の融資を受けることもできるし、条件が合わなければ金融機関から受けることもできます。 この条件は業種、年齢、業歴、売上など様々な評価を通じて区分された後にサポートされます。 青年創業資金貸付にはどんな種類があるのか見ていきましょう。​政府では若者起業者のため、様々な方法を通じて支援しています。 中央には中小企業振興公団、小商工人支援センター、庶民金融振興院、信用保証財団などがあります。 「この機関のホームページに入ってみると、青年たちが創業に必要な資金をどのように支援してくれるのか出ています。」 この機関以外にも各地方自治体別に運営する機関もあり、ソウルの場合、ソウル市創業企業資金、ソウル市小商工人支援センター、その他の地方自治体でもすべて同じ形の資金支援機関を運営しています。​関連政府機関を見てみると、비대면 폰테크 雇用労働部、中小ベンチャー企業部、教育部、保健福祉部、金融委員会、産業通商資源部、農村振興庁、文化財庁、山林庁、行政安全部、特許庁、環境部、科学技術情報通信部、文化体育観光部、食品医薬品安全処、国土交通部、企画財政部などがあり、各ホームページで関連内容を共有しています。​統合資料は中小企業ベンチャー企業部のホームページで詳細にご確認いただけます。​上図が中小ベンチャー企業部主管の関連サイトです。​政府で運営する青年創業資金支援事業は、事業性、創業者の信用度など、厳格な審査を経て行われるため、相談過程で拒否される場合も多く発生します。 上記機関の支援対象に含まれない場合、下記のカカオトーク相談でお問い合わせいただくと、政府で支援する創業資金貸付以外に、どのような貸付商品があるかをご案内いたします。​​創業資金の融資を受けるには、最初に確認するのが、創業者や事業者代表の信用と、既存の融資がいくらあるかです。 政府資金に関連して貸付を受けるためには、信用格付けが最低7等級以上でなければならず、資金の規模は7000万ウォン~7000万ウォン程度ですが、既存の貸付可否によって金額変動があります。 7等級~10等級の低信用事業者は庶民金融振興院、美少金融などがあり、中小企業振興院の再挑戦特別支援資金に申請できます。

どんな事業であれ、最初に創業すれば事業資金が必要です。 創業資金は、事前に準備しておいた資金を使うこともでき、足りない場合は関連機関を通じて融資を受ける方法もあります。 金融機関から受ける貸出の種類は様々です。 政府支援の政策資金の融資を受けることもできるし、条件が合わなければ金融機関から受けることもできます。 この条件は業種、年齢、業歴、売上など様々な評価を通じて区分された後にサポートされます。 青年創業資金貸付にはどんな種類があるのか見ていきましょう。

政府では若者起業者のため、様々な方法を通じて支援しています。 中央には中小企業振興公団、小商工人支援センター、庶民金融振興院、信用保証財団などがあります。 「この機関のホームページに入ってみると、青年たちが創業に必要な資金をどのように支援してくれるのか出ています。」 この機関以外にも各地方自治体別に運営する機関もあり、ソウルの場合、ソウル市創業企業資金、ソウル市小商工人支援センター、その他の地方自治体でもすべて同じ形の資金支援機関を運営しています。

関連政府機関を見てみると、비대면 폰테크 雇用労働部、中小ベンチャー企業部、教育部、保健福祉部、金融委員会、産業通商資源部、農村振興庁、文化財庁、山林庁、行政安全部、特許庁、環境部、科学技術情報通信部、文化体育観光部、食品医薬品安全処、国土交通部、企画財政部などがあり、各ホームページで関連内容を共有しています。

統合資料は中小企業ベンチャー企業部のホームページで詳細にご確認いただけます。

上図が中小ベンチャー企業部主管の関連サイトです。

政府で運営する青年創業資金支援事業は、事業性、創業者の信用度など、厳格な審査を経て行われるため、相談過程で拒否される場合も多く発生します。 上記機関の支援対象に含まれない場合、下記のカカオトーク相談でお問い合わせいただくと、政府で支援する創業資金貸付以外に、どのような貸付商品があるかをご案内いたします。


創業資金の融資を受けるには、最初に確認するのが、創業者や事業者代表の信用と、既存の融資がいくらあるかです。 政府資金に関連して貸付を受けるためには、信用格付けが最低7等級以上でなければならず、資金の規模は7000万ウォン~7000万ウォン程度ですが、既存の貸付可否によって金額変動があります。 7等級~10等級の低信用事業者は庶民金融振興院、美少金融などがあり、中小企業振興院の再挑戦特別支援資金に申請できます。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다