ワインを販売するワイン専門店のような雰囲気の店だった。
実はムンレでワインバーに行くことはあまり考えなかったようだムンレと言えば有名なオールドムンレ、 チェ·ユンヒ、こういう場所に たくさん行った記憶。この前ムンレワインバーファインというワインバーができて親しいお姉さんがここに行きたいと言って 訪問してみる。そういえば看板の感じとインテリアはち 강남셔츠룸 ょっと合わないかもね。華人は、あれという位置にいるがムンレドン(文来洞)やウルチロ(乙支路)の位置は毎回そうだったような気もする。この日6時近くに訪問したのでウェイティングはありませんでしたが私たちが出る頃にはウェイティングがすごく多かったというムンレワインバーのワインは、ナチュラルワインからポートワインまでラインナップが豊富だ毎回やりたかったワイングラスに 絵を描けるマカも用意されてたし楽しく描いてから、 急に皿洗いの心配をするようになる僕。インスタグラムでたくさん見たワインだ。ワインリストを見てレッドで飲むことに決めて悩んだ末、スタッフに助けを求めるまだよくわからない~ あればあるだけおいしく全部飲むタイプでラベルをもっとたくさん見て選ぶタイプ(きれいラベルいいですね)外観から一目に入るビーノとても私のスタイル!とても人気があるところで、旧正月連休なので事前に予約して行ったら、こんなに気持ちいいウェルカムメッセージワインを見て、推薦も受けることを兼ねてさっそく行ってみた。細心位置はミル歯科の隣だけど、すごく複雑でも静かでもない 位置だから良かったしガラス張りのおかげで、日が暮れるまではワインバー特有の暗い感じなくカジュアルに楽しめ、それもまたプラス!日が暮れるとまた違う魅力を 感じることができるビノ。​思ったより広くてテーブルもたくさんあって会合の場所としても、とてもよさそうだ。インテリアは要論的な感じところが厨房と内部は換気がうまくいかなくて後でお客さんが多くなったら食べ物の煙が目に見えるほどだった名残惜しさこんなスタイルのテーブルもあったワイン·オークロックは3階にあるので、通り過ぎる時に通りやすいですが、ワイン形の看板と上がる階段が見えるところに登ればいい。​3階の階段も高く、上がる時も注意が必要だが、特に下りる時はもっと気をつけなければならないようだ。(食べ終わった時、社長も階段に気をつけてと。)お話し下さる)雰囲気の良いワインバーらしくインテリアがとても心に入った。入口からほのかな照明にワインがいっぱいであり、内部もシャンデリア、写真満載の額縁、燭台など高級な雰囲気なので、デートコースとしてもおすすめです。​初めて入った時、社長や職員さんが見えなくて どの席に座ればいいのか、 遠くスキャンだけしてもどかしくてテラスの方に出てみた。 社長のように見える方がテーブルのお客様応対中であることを発見!​お客さんに熱心にワインの説明をしてくださる中で、しばらく待っていたが、社長と目が合って私に話をする機会を見て、どの席に座ってもいいか聞いて返事を受けた後に腰を落ち着けた。テラスに見えない所にいらっしゃって私たちが入って来たのを知らなかっただけ​僕たちが位置について、メニューを注文して ワインが出てきた時熱心に説明してくださる姿を見てお客様一人一人心から応対して注文したワインに対して詳しい説明までしてくださるんだなと思った。すごく親切…!ムンレのグルメ店のファインは、メニューを忘れて 撮ってこなかったんだけど、明太子ロゼパスタと鳥もも肉焼きだったっけ?これ本当においしかった。サンス洞で夜ご飯を食べて ハモンが食べたいというパートナーが熱心にサーチして知ったワインバーを訪ねた。お酒が飲みたいって意味なんだろう。)​ブログのレビューを見ると、内部の雰囲気も良く、様々なワインを販売するワイン専門店のような雰囲気の店だった。2人とも公認鳥の餌だけど、 ほとんど食べてきた。ワイングラスに落書きもしてあげて。もぐもぐ食べて雪が降ったブドウだったっけ? ブドウの実ったものにシュガーパウダーを かけたものも追加注文した。ムンレにも行ってみたい場所が たくさんあるんだね。お肉は言っても意味がない。ハラペーニョで作ったソースも すごくおいしかったし直接作ったホールグレインが「大ヒット」だった。お姉さんたちもおいしいから 別売りしてほしいと大騒ぎ。とにかく良かったら次はナチュラルワインも飲んでみよう。軽く飲むワインをいくつかおすすめしてくださるワインは全体的に安価なので気軽に選ぶことができたワインの説明は、聞く度に 振り向くと忘れちゃう。耳より口が先に迎えに行くこの癖のせいでわぁ、抜け出せずにはいられないんです。

実はムンレでワインバーに行くことはあまり考えなかったようだ

ムンレと言えば有名なオールドムンレ、 チェ·ユンヒ、こういう場所に たくさん行った記憶。

この前ムンレワインバーファインというワインバーができて

親しいお姉さんがここに行きたいと言って 訪問してみる。

そういえば看板の感じとインテリアはち 강남셔츠룸 ょっと合わないかもね。

華人は、あれという位置にいるが

ムンレドン(文来洞)やウルチロ(乙支路)の位置は毎回そうだったような気もする。

この日6時近くに訪問したのでウェイティングはありませんでしたが

私たちが出る頃にはウェイティングがすごく多かったという
ムンレワインバーのワインは、ナチュラルワインからポートワインまでラインナップが豊富だ


毎回やりたかったワイングラスに 絵を描けるマカも用意されてたし

楽しく描いてから、 急に皿洗いの心配をするようになる僕。
インスタグラムでたくさん見たワインだ。


ワインリストを見てレッドで飲むことに決めて悩んだ末、スタッフに助けを求める

まだよくわからない~ あればあるだけおいしく全部飲むタイプで

ラベルをもっとたくさん見て選ぶタイプ(きれいラベルいいですね)
外観から一目に入るビーノ

とても私のスタイル!
とても人気があるところで、旧正月連休なので

事前に予約して行ったら、こんなに気持ちいいウェルカムメッセージワインを見て、推薦も受けることを兼ねてさっそく行ってみた。



細心
位置はミル歯科の隣だけど、

すごく複雑でも静かでもない 位置だから良かったし

ガラス張りのおかげで、日が暮れるまではワインバー特有の暗い感じなくカジュアルに楽しめ、それもまたプラス!

日が暮れるとまた違う魅力を 感じることができるビノ。



思ったより広くてテーブルもたくさんあって

会合の場所としても、とてもよさそうだ。
インテリアは要論的な感じ

ところが厨房と内部は換気がうまくいかなくて後でお客さんが多くなったら食べ物の煙が目に見えるほどだった

名残惜しさ
こんなスタイルのテーブルもあった
ワイン·オークロックは3階にあるので、通り過ぎる時に通りやすいですが、ワイン形の看板と上がる階段が見える

ところに登ればいい。



3階の階段も高く、上がる時も注意が必要だが、特に下りる時はもっと気をつけなければならないようだ。

(食べ終わった時、社長も階段に気をつけてと。)

お話し下さる)

雰囲気の良いワインバーらしくインテリアがとても心に

入った。入口からほのかな照明にワインがいっぱいで

あり、内部もシャンデリア、写真満載の額縁、

燭台など高級な雰囲気なので、デートコースとしてもおすすめです。



初めて入った時、社長や職員さんが見えなくて どの席に座ればいいのか、 遠くスキャンだけして

もどかしくてテラスの方に出てみた。 社長のように

見える方がテーブルのお客様応対中であることを発見!



お客さんに熱心にワインの説明をしてくださる中で、しばらく待っていたが、社長と目が合って私に話をする機会を見て、どの席に座ってもいいか聞いて返事を受けた後に腰を落ち着けた。

テラスに見えない所にいらっしゃって私たちが入って来たのを知らなかっただけ



僕たちが位置について、メニューを注文して ワインが出てきた時

熱心に説明してくださる姿を見てお客様一人一人心から応対して注文したワインに対して

詳しい説明までしてくださるんだなと思った。

すごく親切…!

ムンレのグルメ店のファインは、メニューを忘れて 撮ってこなかったんだけど、明太子ロゼパスタと
鳥もも肉焼きだったっけ?これ本当においしかった。
サンス洞で夜ご飯を食べて ハモンが食べたいというパートナーが

熱心にサーチして知ったワインバーを訪ねた。

お酒が飲みたいって意味なんだろう。)



ブログのレビューを見ると、内部の雰囲気も良く、様々な

ワインを販売するワイン専門店のような雰囲気の店だった。


2人とも公認鳥の餌だけど、 ほとんど食べてきた。
ワイングラスに落書きもしてあげて。


もぐもぐ食べて雪が降ったブドウだったっけ? ブドウの実ったものにシュガーパウダーを かけたものも追加注文した。

ムンレにも行ってみたい場所が たくさんあるんだね。
お肉は言っても意味がない。

ハラペーニョで作ったソースも すごくおいしかったし

直接作ったホールグレインが「大ヒット」だった。

お姉さんたちもおいしいから 別売りしてほしいと大騒ぎ。

とにかく良かったら次はナチュラルワインも飲んでみよう。
軽く飲むワインをいくつかおすすめしてくださる

ワインは全体的に安価なので気軽に選ぶことができた
ワインの説明は、聞く度に 振り向くと忘れちゃう。

耳より口が先に迎えに行くこの癖のせいで

わぁ、抜け出せずにはいられないんです。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다